塗り壁体験ワーク

どれだけ良いものだと、
言葉で伝えても、体感しないとわかりませんよね?
体感こそすべてではないでしょうか?

塗り壁体験ワーク

が、なぜ大切なのか?・・・


エピソード①
家族体験・・・が深まり、家に愛着が出来る。

塗り壁体験は新築を建てる人は必須にしました。

ある、ご家族を見て確信しました。
このご家族に教えてもらいました。

どんなに立派をつくっても、
家族バラバラだったら意味がないですよね。
そんな、単純なことがわからなくなっている、
現代ではないでしょうか?・・・

自分たちの家自分たちで手がける

ほんの少しでも、かけるだけで、

への愛着家族、そして人生豊かさ
身に沁みる

それが、

家族塗り壁ワーク

これまで、何組もの家族に体験ワークをして
もらいました。

もはや、必須科目です(^^)


エピソード②
DIY塗り壁ワーク・・・愛情になって、幸せになる。

東京のご家族試みから学びました・・・

子供たちのため、そして子育て世代の人たちのための、
空間を自分たちでつくるDIYワーク素晴らしい

古い借家を借りて、しかも自分たち直し蘇生させ、
人が集う人が寄り添う空間づくりをする。

そんな姿を目の当たりにしました。

その空間をつくる重要な友喜のしるしを選んで
くれました。

長女のノアちゃんは、からの言葉を降ろしてくれる。
お母さんはそれを描く・・・

家族5人、ご主人も、奥さまも、3人のお子さまも
一家で・・・

さらに、同じように塗り壁体験をした人たちも集まり、
その場をつくり上げていく。

その愛情あふれる場は、この友喜のしるしにもってこい。

場所を提供して、塗り壁体験をしてもらうワークは
今後、どんどん増えるでしょうね。

熊本でも早速、同じようにサロンオーナーさんが、
場所を提供してもらい、多くの方に体験してもらいました。

同じように自分の家や店、事務所など、塗り壁の体験ワークの
会場にしたい人は、お気軽にお問い合わせください。